新・会津観光めぐり

歌で巡る会津の旅
  

新・会津観光めぐり

「ふるさと列車会津の旅」のペア作品が「新・会津観光めぐり」です、
こちらも会津の旅人である皆さんにはおすすめの歌です。
♪お待たせしました これより会津…♪で始まる「新・会津観光めぐり」は笛や太鼓の囃子を使ってのリズム感あふれる音頭風観光歌謡曲です。全会津の名所、美術文学・民俗・味めぐりが網羅されているだけでなく、触合旅情編においては全国各地のご当地ソングとして替え歌が可能なように作詞されています。

旅のBGMやお土産にはもちろん旅の反省会や宴会用にもいかがでしょうか。

新・会津観光めぐり 歌詞




触合旅情編

お待たせしました これより会津 こちら湯の里 景色はいいし
歴史もいっぱい ロマンもあれば 会津観光 名所めぐり


露天のお風呂に 雪見(※1)と洒落て ゆったりつかれば お部屋もどうぞ
殿様(※2)気分で ずずいと奥に 会津湯の宿 温泉めぐり
※1花見・花火・月見 ※2姫様


職場にご家族・御一行様も 旅は道づれ 世は情けとて
時には励まし なぐさめあって 会津ふれあい 道中めぐり


峠の茶店で 土産を買えば これが最後か お名残惜しや
親切ガイドに あったか心 会津よいとこまたきらんしょね



歴史物語編

1
赤べこ広場に 青春通り 情緒たっぷり 出会いもあれば
鶴ヶ城から 武家屋敷へと 会津若松 町中めぐり

2
背炙山から 沓掛峠 親はもろはく 子は清水こえ
磐梯山麓 慧日寺跡へ 会津いにしえ 旧道めぐり

3
三城潟から 大空こえて シカの願いは 英世のもとへ
ひがしさむいてはきてくたされと 博士・野口の 母物語

4
飯盛山へと 戻ってみれば 城が燃えてる はやこれまでと
風雲若武者 ああ白虎隊 胸をうたれる 観光めぐり



民俗文化編

1
若松城下に 別れを告げて 旅は会津の 門前町へ
伊佐須美様から 塔寺こえて 大山祗神社へと 参道めぐり

2
虚空蔵菩薩に ご無事を祈り 旅はいよいよ 奥会津へと
織姫・落ち武者 伝説きいて 歌舞伎民俗 芸能めぐり

3
漆に陶器に ふるさと自慢 遊びまるごと 体験めぐり
今宵は鎮守の お祭り太鼓 浴衣着流し 会津に踊る

4
美術に文学 ゆかりの小径 訪ね歩けば 歴史に知れた
絵描きのアトリエ・詩人の歌碑が 会津ご当地 名作めぐり



名勝味巡編

1
湯舟に浮かべて 会津の地酒 浴びて飲んでは 気ままな旅を
磐梯山から 猪苗代湖へ 五色沼へと 景勝めぐり

2
白壁造りに 煉瓦の館 乗って眺めて のんびり馬車は
ラーメン通りを 自由の碑へと 会津喜多方 蔵町めぐり

3
山菜料理に 会津の手打ち マップ片手に 食道楽を
山都の里から 大内宿へ 桧枝岐へと 街道めぐり

4
飯豊を仰いで 会津の平野 春夏秋冬 風光明媚
山桜の大川 紅葉の只見川 流れ流れて 阿賀川ライン

Copyright(c) 2015 作詞作曲自費制作出版 笹山忠. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com